外国取引というのは日本の国内の証券会社を仲介役にして外国の市場の株式の売買注文を執行するというもので、国内店頭取引というのは証券会社が保有している外国株式を国内で取引するというものです。
これらの取引においては日本の株式の取引とは違うので日本証券業協会が定めている自主規制に基づいて取引が行われていて、外国の株式の売買をする場合には投資家保護の観点から証券会社などが勧誘を行うことによって、個人の投資家から外国企業の株式の売買注文を受けることを制限しています。取引に関しては国内の証券会社と投資家の間で行われる場合は、ほとんどの場合に円貨が使用されますが、証券会社が応じる範囲内においては投資家が指定する外貨での取引ができます。外国株というのは日本では見られないような事業を行っている会社や高配当の会社などがあり、成果機会のチャンスが大きく広がりますが、外国株式投資では価格変動リスクに加えて、為替リスクが伴うので投資家においては注意が必要となります。
外国株式の売買を国内の証券所を利用してする場合には、前もって外国証券取引口座を開設する必要があり、この口座が開設されると証券会社が注文の執行や代金の決済、株式の保管などを請け負います。