投資には株式の他に社債、投資信託、FX等様々な商品がありますが、一度有価証券を保有したりポジションを持ったりすると、決済をするまで発生するのが含み益や含み損です。 それは投資商品を保有している間において値動きがある度に、今その値で決済をした場合に発生するだろう取得原価に対する差額による利益や損を言います。

実際に利益や損が確定する時期は決済をした時となるので、それまではいくら値が上下しても利益や損とはならないので、例え決済前に投資商品の値が変動しても一喜一憂をするだけに留まります。 それでも現物取引の場合において取得原価よりも現在の価格が上回っている場合は良いのですが、含み損が発生している場合には慎重に決済の時期を検討する必要があるのも事実のようです。 価格が下がってしまっても保有を続けている内は実際に損をしているとは言えないのかも知れませんが、決済をした時にもう少し早く決断をしたら良かったと後悔をする場面も多々あるようです。

勿論取得原価よりも価格が上昇している場合でも、もう少し持っていればもっと価格が上昇するかもしれないと淡い期待を抱いた為に、決済の時期を逃してしまい利益を少なくしてしまう事もあります。

投資をする時に忘れてはいけない事は、利益は決済をした時にだけ確定するという事です。 投資商品を保有する時には、決済のタイミングを常に考慮する必要があるようです。