「監理ポスト(監理銘柄)」は、上場している銘柄が証券取引所の定める上場廃止基準に抵触する可能性がある場合、または上場している銘柄の株式発行者から上場廃止の申請があった場合に割り当てられるものです。監理銘柄に指定されても取引は通常通り行うことができます。指定されてから一定期間が経過し、上場廃止基準に抵触する可能性が解消されない、もしくは上場廃止に関する審査において問題がなければ、その銘柄の上場廃止が決定されます。
上場廃止が決定した銘柄は「整理ポスト(整理銘柄)」に割り当てられ、原則としてそこから1ヶ月を経過した後に上場廃止となります。整理銘柄に指定された場合でも株式売買は通常通り行うことができますが、信用取引を新規に行うことが出来なくなったり、値幅制限の下限幅分が撤廃されるなどの措置がとられます。直ちに上場廃止としないのは、上場廃止後はその銘柄の売買の機会が狭まってしまう可能性があるためで、上場廃止までに一定の期間を設けることで投資家が不利益を被るのを防いでいます。
監理銘柄や整理銘柄に指定されている銘柄は証券取引所のホームページで確認することができます。ホームページには、その銘柄が監理銘柄もしくは整理銘柄に指定された経緯や指定後の経過が公開されています。