国内委託取引

| 未分類 |

国内委託取引というのは外国証券の取引のうちで国内証券取引所に上場されている株式を売買するという取引のことで、決済の方法は国内の株式の方法と同様に行われています。
東京証券取引所ではアメリカやヨーロッパやアジアのなどからの外国企業が上場していて、これらを国内で売買されている日本の企業の株式と同様に円建てで売買することができることが魅力となっています。この取引に関するデメリットとしては上場している外国銘柄の株式の数がまだ少ないということで、これは日本における証券取引の今後の課題ともなっています。
外国株の取引はこのほかにも外国取引があり、国内の証券会社を通じて外国企業の発行している株式を売買する注文を外国市場に執行してもらう方法です。国内店頭取引とういう方法もあり、証券会社が保有している外国の株式を国内で取引するというもので、これらの取引に関しては日本証券業協会が定めている自主規制に基づいて行われていて、これらの取引に関しては投資家の保護という観点から証券会社が勧誘活動を行うことによって個人の投資家から注文を受けることができる外国株式の対象について制限をかけています。
外国株の取引に関しては、国内の株式の取引とは別に手数料などがかかる場合があるので、詳細については各証券会社に確認する必要があります。